FXに必要な資金(証拠金)

FXを始めるにあたり、証拠金が必要になります。
これから外国為替証拠金取引(FX)を始めるという方は、証拠金をFX会社に預けなければなりません。

証拠金は、簡単に説明すると、「FX会社に最初に預けるお金」のことです。
外貨為替(FX)特有の「少ない金額で大きい取引ができる」ためにも小額ですがお金を先に預けなくてはいけません。

FXでは、この証拠金を業者に預けることで信用を得たことと同じになり、それによって小額の予算でも大きな取引が可能になるわけです。

証拠金の役割はそれだけではありません。
たとえば損失を出しても証拠金額の中から損が支払われるのです。
大きな外貨を取引していても借金などといったリスクの心配はありません。

証拠金は、大きなリターンを得ることができるのに、極めてリスクをコントロールしやすい制度といえるでしょう。

ロスカット

損切りとは、含み損の出ている証券を売却して損失を確定することです。
ロスカットともいいます。

例えば20万円になると思って15万円で買った株が、予想に反して10万円に値下がりしたとします。これは完全に自分の見立ては間違っていたことになるので、株価が戻してくることが期待できないと判断し、損をしていても株を売ってしまうということです。

儲けるために始めたFXであっても、引き際を覚えるのも大事なことなのです。
損切りとはこのように、含み損が出た証券が、価格を戻してくる期待が持てなくなった場合や、これ以上損失が拡大するのを防ぐ目的で行われます。

覚えておきましょう「ロスカット」